Concept

癒奏術とは

人とは霊(ひ)を止(とどむ)ると書いて霊止(ひと)というのが本来の姿であり在り方です。

その『本来の在り方』へと還るためには、身体だけでなく、心だけでなく、霊である『魂』も『本来の在り方』へと還らなければなりません。

そして、『魂』の本来の在り方とは『神との一致』をした状態であります。

神(鬼)の言霊(云)そのものが『魂』本来の在り方であり姿なのです。

その神(鬼)の言霊(云)から真澄の珠である魄(ぱく)という「こころ」となる器が生まれ、それが霊体となり身体へ宿り『霊止(ひと)』となります。

さらに、魂から身体を生み出すためには、また別の神の『力』が作用しています。

力とは『地から』来る神の『響き』であります。

天(点)の言霊と地から(力)の響き・・・

この二つの神の意志が人を生み出しているわけです。

天からの神の意と、地からの神の響きが結ばれた『結び目』が霊止(ひと)となるわけです。

そうして結ばれた霊止には三つのシン『神・心・身』が重なり合い、調和した姿こそが人の本来在るべき姿なのです。

そんな『本来在るべき姿』へと還す道案内をする『癒しの技』が【癒奏術】であります。

Healer Therapist

淺田 こーじ

1967年1月25日

2016年、独自のボディワークとヒーリングワークによる「癒奏術・ゆらぎセラピー」メソッド開発

2018年、ヒーリングを合わせた『霊身一致の癒奏術』を開発

2022年、神人合一のための『神人一致の癒奏術』へと進化

  • ヒーラー
  • ボディセラピスト
  • アロマブレンダー
  • メディカルハーブ・コーディネーター
  • アロマテラピーアドバイザー1級
  • 薬膳・漢方検定
  • 《華厳の道・神と龍と人を結ぶ道》出版

My Story

私立探偵として長年従事するも、交通事故、医療ミスなどにより探偵としての仕事が出来なくなる。

そんなときにとある鍼灸師の先生との出会いがきっかけでセラピストの道へ入る。

2012年よりセラピストとして従事

2016年にアロマテラピー、メディカルハーブの資格を取得し、アロマブレンドを開発

2016年に独自のセラピー【Yuragi Therapy】を完成させる

2018年の初頭にとある霊能者から「浄化の女神【瀬織津姫】」が『守護神』としてずっと居たことを告げられた直後、【瀬織津姫】が突然『身の裡』に入り『覚醒・融合』が始まる。

​さらにその数日後、力の神である【龍王】が現れ【龍王】との『結び』が行われて、以後『龍使い』となる

その後、【女神】と【龍神】の存在や在り方、意味、使命、力の使い方を覚えながら、その力を取り込む

まだまだ発展途上ですが、現在出来ることは

  • 龍の力、エネルギーによるヒーリング
  • 邪気、邪念、邪霊の祓い(あくまでセラピーの一環で、お祓い等の仕事はいたしません)
  • 人と龍との【結び】(人に龍を授け縁を結ぶ)
  • 神域への次元上昇による【魂の覚醒】サポート
  • 環境や場所のエネルギー浄化、エネルギーの陰陽和合による復活

​2018年、ヒーリングも取り入れた【霊身一致の癒奏術・Yuragi Therapy】を完成させる

そして2018年から神々の導きにより様々な事柄を知り、2022年に『神人合一のための癒奏術』へと進化

2022年5月、《華厳の道・神と龍と人を結ぶ道》出版

2023年3月、薬膳・漢方検定 認定

現在に至る

著書

これは、突如我が身に現れた女神【瀬織津姫】と【龍神】に導かれ、怒濤のように生きてきた4年の軌跡です。

2018年の初頭に突如現れ、我が身に宿った女神【瀬織津姫】と【龍神】

「なぜ?」から始まったこの旅は、『答え』を探す旅であった。

人生は怒濤のように変転し、神の導きに従ってきた4年間で、ようやく「なぜ?」の一つの答えにたどり着いた。

それがこの【華厳の道】という書です。

女神や龍神が現れただけでなく、クンダリーニの覚醒、チャクラの開花をも同時に起こり、神々の導きの言霊を受け取り、あちらこちらへと導かれるまま赴き、様々な仕事をさせられながら、様々な【奇跡】を垣間見せられながら、走り続けてきた「事実」を綴ったのが本書であります。


癒奏術・Yuragi Therapyの理

Yuragi logic

Yuragi logicの一覧。癒奏術 『龍の章』その弐 誠の自分となる - プロフェッショナルであること自分が生きる『道』において、今出来る『最善』を尽くし、自分が行うことに『覚悟』と『責任』を持ち、そして『不完全』な自分を認め、そんな自分自身を『信頼』出来ている。『自分の価値』を知っている者。それが『プロフェッショナル』と言われる人です。『魂』が誓った『この世の生』を精一杯生きることそれが人生を最高に『謳歌』することです。本当の人生を取り戻し、人生を美しく輝かせる『生き方』となります。道自分の中心にあるもの・・・心から『これだ』と感ずる生き方自我(エゴ)と真我(魂)が和して望む生き方それが『道』自我と真我が調和して揺るぎない自分の『道』を知る自分の真ん中にある『柱』それを自我と真我が共に支える自分の裡(うち)にある『柱』それが自分の外側の『道』『道』を生きるには『柱』を建てよ『柱』なくして『道』はなし最善あまねく自分の力を注(そそ)ぐ行い始まりから終わりまで『丁寧』に行う『最善の道』とは『王道』であるけっして近道をせず、あまねく力を注ぐ『王道』とは『揺るぎない目的』『道』には『王道』と『奇道』あり『王道』は樹の『幹』『奇道』は『枝葉』『王道』あっての『奇道』『道』に『わざ』あり『王道』の『業(わざ)』『奇道』の『技(わざ)』合わせて『大樹』と為すそれが『最善』を尽くすということ覚悟『覚悟』とは『さとり』『さとり』とは『悟る』ことであり『差取る』ことである『差』とは『分ける』心から生まれる『差別』とは『分別』する心『差を取る』は『分別を取る』心『差取る』とは『無分別』である『分別』を取ることで『違い』を知るそれを『無分別の分別』と言う『分別を取る』のは『ありのままの姿』を見ることだから本当の『違い』が分かる『分ける(差をつける)』心は見るものを歪める『覚悟』とは『分ける』心を捨て、ありのままを見て『真の違い』を知ること責任すべきことをやり通す初めから仕舞まで『大樹』と為す『道』を貫く『任され』て自分に『任せる』『任せる』とは『委(ゆだ)ねる』ことそして『委ねる』ことは『赦(ゆる)す』こと『赦し』は『緩(ゆる)す』こと自らを『緩す』ことで、あまねく自分の力を解放する『責任』とはすべきことを行う力を『解放』するための『赦し』である不完全『完全』とは全うし完了したという

Healer by Koji 癒奏術・響庵 旧ブログサイト No1